WordPressのWP-Cronを設定するプラグイン「WP-Control」を導入

WordPressのバックアップ時刻を任意に変更したいと思って探す。
初期値でアクセスの多い時間になったら困る。
もしや、DBのレコードを直接修正しなきゃダメかと思ったよ^^;

バックアップなどは、WordPressの疑似Cron的な機能WP-Cronを使っていると分かる。
それを変更できるプラグインがあるということで探して見つけたのが

「WP-Crontrol v1.1」

早速インストール。

サイドメニューの「ツール」に「Control」が増えるのでそこで設定。

WordPress WP-Cronの設定プラグイン「WP-Control」

現在登録されているWP-Cronのタスクが一覧で表示される。
変更したいタスクの「Edit」を押して編集モードに。
「NextRun」の時刻を実行させたい時間に変更。
「Modify Cron Entry」ボタンで変更を保存。

これで実行したい時間にバックアップが取れるように変更できた。


WordPressプラグインContactForm7カスタマイズ対応

「WordPress」のお問い合わせフォームプラグインの定番「ContactForm7」のクイズ機能を拡張したカスタマイズを納品させて頂きました。

標準のクイズ機能は、設定している答えと一致しなければ送信できないような認証的に利用できます。

カスタマイズ内容

今回はそれを拡張し、
 ・正解、不正解用に応じて、別々のメールアドレスへメールを送る
 ・正解、不正解用に応じて、送信後に表示するURLを変える
という機能を追加しました。

動作環境

■WordPress v3.4.2
■Contact Form 7 v3.3
■Contact Form 7 – Dynamic Text Extension v1.0.4.2


WordPressスマホ表示は「WPTap」で非公開記事もOK

WordPressでのブログ構築案件を対応中。

スマホ表示のプラグインは「WPtouch」を使おうと思っていたが、ログインのリンクが表示されず。
今回は登録ユーザーのみ読める非公開記事に対応する必要があるので、ログインはスムーズに対応せねなばらない。
プラグイン更新を考えるとカスタマイズはせずに対応したい。

次は「WPTap」にしてみる。こちらも定番。
こっちにはログインもあり、スマホからもログイン&非公開記事が読めた。

ということで「WPTap」を採用して先に進める。


WordPress ContactForm7 カスタマイズの下調べ

WordPressの問い合わせフォームの定番プラグイン
「Contact Form 7」

これを利用している方から、普通にお問い合わせとして利用するのではなく、自分の用途に合わせて、少し変更できないだろうかと相談を受ける。

希望はシンプル。

入力された内容に応じて
メールの送信先と送信後のページを変更したい

現状は届いたメールを人の手で内容を確認しながら振り分けているので結構大変なのだとか。
入力内容で機械的に振り分けられるとかなり省力化できる模様。

ひとまず、ローカルでテストする為にWordPressをサブフォルダに入れて標準機能を確認。

「Contact Form 7」と隠しフィールドの設定できる「Contact Form 7 – Dynamic Text Extension」を組み合わせて、カスタマイズすれば要望に対応できそう。

流れとしては、
・サーバー側で入力内容で振り分けのフラグを作る
・フラグに応じてメールの送信先をセット
・JSONでフラグと転送先を返す
・JavaScriptでページ遷移というイメージかな。

考え方は他のケースへ応用が利きそうでひとつ勉強になった。

▼Contact Form 7 公式サイト

▼Contact Form 7 – Dynamic Text Extension 作者のサイト


WordPressプラグインWP-DBManagerを導入

WordPressのバックアップはCronで定時にダンプを処理して、GMailに送信という処理で運用していた。
一度Cronを書いてしまえば問題ないのだけどCronが設定できないサーバーもある。

Cronの設定不要でDBの自動バックアップをしてくれるプラグインということで導入。
定時にDBバックアップをGzip圧縮してGMailへ送る設定にした。
Gmailの容量は大きいのでバックアップのストレージ変わりに。

バックアップ以外にもリペアや最適化も行ってくれる便利なプラグイン。
phpMyadminやコンソールを使わずにテーブルを空にしたり、削除したり、SQLを実行したりとDB操作が一通りできる。

表示されるメッセージは英語だけど、わかりやすく簡潔に書かれているので使いやすい。

▼WordPressプラグイン WP-DBManager