試し書きで「テキストサーファーゲル」に惹かれる。

普段あまりマーカーを使わなかったのだけれど、もう少しノートやスケジュールを色分けしてみようかとマーカーをチェック。

ステッドラー テキストサーファーゲル

話題になって久しいステッドラーのテキストサーファーゲル。実はまだ試し書きすらしていなかった。

ステッドラー テキストサーファーゲル クレヨンのようでクセになる書き心地

試してみると一般的な蛍光マーカーと違って、クレヨンのような書き心地。
ぬるっと滑るというかあの独特な懐かしい感じ。
これはちょっとクセになりそう。

使ってみたくなるペンっていいね。毎日が楽しみだ。



LAMY Safariの調子が良い!

先月の万年筆クリニックで調整してもらったLAMY Safari。
すっかり調子が良くなって、とても書きやすい。

便せんに20枚ほど書くのに使ったが 調子の良かった以前よりも さらによくなった感じ。
自分の書き方にも馴染んできたかな。

ストレス無く書けるので、久々に枚数を書いても楽だった。

万年筆は、高級品ではなくても、書くのが楽しめる筆記用具だと思う。
万年筆クリニックがあるときはメンテしてもらおう!


万年筆クリニックで調整してもらう

万年筆クリニックが開催されるので、うさぎや倉敷店へ。
2本の調整をお願いした。

1本はLAMY Safari。
書いているとインクが漏れていつも指が汚れていた。
→ペン先がずれていたのが原因で調整してもらい改善された

もう1本は、プラチナ万年筆 アフェクション。
書くとひっかかり、書き味が硬くなっていた。
→ペン先のずれと削ってもらうことで改善された

どちらも気になっていたところが治ってよかった。
これでまた書くのが楽しみだ!

セール期間で万年筆が安く買えるのに心動いたけど、調整してもらったばかりなのでぐっと我慢。

うさぎや倉敷店は、11月に改装オープンして、売り場は広くなり、商品点数も増えた模様。
モレスキンの品揃えが増えないのが残念。
ロディアはあるのにな〜今後に期待。


ジブン手帳を使って1週間

「アクションプランナー」から乗り換えた「ジブン手帳」
10/29(月)から使い始めて1週間が経過した。

こんな感じに使っている
ジブン手帳2013に切り替えて1週間

基本的に時間軸の使い方は、アクションプランナーを使っていた時と同じ。

・タスクは時間軸に落とす
 終わったらチェックを入れる
 蛍光マーカーで消すのも試したが見栄えが良くなかった

・予定は開始と終了を線で区切る
 出発する時間も入れる
 電車移動の場合は駅着の時間も記入

・定時にマーカー
 定時(9〜18時)を意識するようにオレンジのマーカーを引く

後は、ジブン手帳の例にならって。

・睡眠時間を囲む
 就寝が遅い日、早い日で疲れも把握できる

・食事の記入
 3食何を食べたか

・気温の記入
 最高気温・最低気温を書く

アクションプランナーの時は0.3mmのゲルインクを使っていたけど、
ジブン手帳に変わってからはフリクションの3色「フリクションボール3」に変更。
0.5mmだと細かい文字が書きづらいので、ブルーだけ「フリクションボールスリム」の芯を使っている。
スリムは、0.38mmでフリクションボール3とリフィルが互換性がある事を知って入れ替えた。

予定やタスクは、ブルー
タスク終了のチェック、重要事項はレッド
その他 ブラック

という色分けをしている。

フリクションは予定変更の時に消せて便利なのだけど、この紙との組み合わせは、書いた字を消すのに摩擦で紙がぐちゃっとなる時があるのがあるのが難点。
貼って剥がせるシールやマスキングテープをちぎって使ってもいいかも。

こんな感じでこれから使っていこうと思う。

あ、カバーは帆布で作った手縫いです^^;
▼ジブン手帳のカバーを帆布生地で自作 10/28 当ブログ記事


ジブン手帳のカバーを帆布生地で自作

前回の思いつきから続く、倉敷産帆布の11号生地を使っての自作カバー作り。

今日は針と糸に持ち替えて ちくちくと縫ってみた。
ミシンが無いので手縫い!
帆布を手縫いするのは少々力が必要。特に重なる部分はね。

悪戦苦闘しながらも上下、左右の折りしろ部分を縫う。

ジブン手帳 帆布生地でカバーを自作

なんとか形にはなったけど・・・少々残念な!?状態で完成。
慣れていないと真っ直ぐ、等間隔で縫うのって難しい。

ジブン手帳 帆布生地でカバーを自作

早速ジブン手帳を入れてみる。
ぴったりと入った!
初制作なのにそれだけでも素晴らしい(笑)

まずは試作品ということで^^;

ペンフォルダーがあった方が持ち歩きには便利。
ほぼ日手帳のようなバタフライ形式を付けてみようかな。
多色ペンが挿せるサイズを考慮しよう。
自分で作るとそれができるのがいいよね。

縫い目は綺麗ではないけれど、自分で作ったという達成感が満足感に。
ほつれるまでこれを使うのもいいな〜
まさしくジブン手帳!

前回の生地サイズの投稿はこちら
▼ジブン手帳のカバーを自作しようかと