旧ソースの解読作業

GW明けに開発が本格的に始まる予定の案件で一部仕様書が無いとのこと。
旧システムのソースコードから解読して欲しいと・・・(^^;;

確かに自分が昔作ったシステムではあるけどもさすがに綺麗に忘れている。

ソースは最新だから解読さえ間違えなければ更新忘れの仕様書よりも確実だ。
ソースを解析し、当時を思い出しながら処理をまとめていく。

1日でなんとかその部分の解読は完了。

さてここから5月中旬まで忙しい日々が続きそうだ。


DB設計にモデリングツール「DBDesigner 4」を使用

開発コード「SHM」のDB設計ではフリーなモデリングツール「DB Designer 4」を使ってみた。

日本語化されている方がいらっしゃるのでそれを使わせていただいている。
DBDesigner 4 日本語化サイト

操作は簡単だし、動作も軽めで日本語も正常に使えるのでかなり使い勝手は良い。
モデルからSQL文も作成できるのが楽でいいね。

モデリングツールはいくつかあるけど製品版かなり高い。
モデリングの解説書はよく「ER Win」を使ってるね。
MicrosoftのVisioでもモデリングはできるみたいだけどこれもまた高い。
SOHOプログラマにはとても手が届きません・・・

その点この「DBDesigner 4」は最低限の機能はあるので重宝している。
今後もDB設計にこれを使いたいと思う。


開発コード「SHM」

先日頂いたボリュームの大きな受注は仕様書が届くまでもう少し時間があるので
オリジナルソフトの開発を続ける。ブログでは便宜上開発コード「SHM」とでもしておこうか。

DB設計は一通り完了したのでここからマスタメンテ関連の開発に取りかかる。
まずは仕様書作成と考えたけどあまり大きなボリュームではないので
ひとまずマスタ関連だけは先にプログラムを作ってしまおうかなと。

インターフェイスや共通化もどこまでやるか机上より開発した方がわかりやすいということもあるし。

やはり今のシステムにはセキュリティ対策がいくらか必要なので
権限や暗号化等もいくつか取り入れていきたい。

ひとまず。


GWを前にボリュームある受注を頂く

お話頂いていたVB6環境でのカスタマイズ作業の受注を正式に頂く。
これがなかなかのボリューム。
仕様が完全にあがってないから本格的な開発はGWになるだろうか。
となると納期までの期間はハードな日々になりそう。

8年ほど前に自分が作成したカスタマイズのバージョンアップ作業だが
やはり8年の歳月で仕様は忘れている・・・
まぁ同じ部分もあるけど今回変更になるところもなかなか多い。
当時社内では新バージョンのパッケージが作られる中で旧バージョンと
新バージョンのいいとこ取りと言われたこのシステム(^^;;

さて8年前の自分と向かい合いながら新しい力を入れていこう。


1ヶ月経ってると忘れてることが多くて・・・

3月上旬に納品したプログラムの検証がようやく始まったということで一部不具合で修正依頼があった。
かなりパワーをかけて作成したプログラムだったけどさすがに1ヶ月過ぎると忘れている部分が多い。
複雑なロジックだけに一度頭を整理してから修正に挑む。
ロジックは理解してるんだけどちょっとした細かいポイントの連鎖がバグを生んでいるみたいだ。

理解しなおした上でコメントも追加で多めに解説を。
コレが自分の為でもあり後のサポートの為にもなるし。

なんとか修正完了。

来週あたりからまた大きな案件の受注を頂けそうなのでGW後は忙しそうだ。