SPREAD for .NET でファンクションキー押下の設定

フォームのKeyPreviewプロパティはTrueになっているのに
スプレッドがフォーカスにあるときにファンクションを押下しても
イベントが起きないキーがあることが判明

ん~なんだろう・・・と調べてみたらどうやらスプレッドのキー割り当てが
じゃましてイベントが起きていないらしい。

ということでForm_Loadのイベントでスプレッドのキーマッピングを変更するようにしてみた

‘スプレッド内でファンクションキーのイベントが起きるようにキーマッピングを変更
Dim im As FarPoint.Win.Spread.InputMap
im = Me.spd_明細.GetInputMap(FarPoint.Win.Spread.InputMapMode.WhenAncestorOfFocused)
‘スプレッドのファンクションキーF2の割り当てを無効可
im.Put(New FarPoint.Win.Spread.Keystroke(Keys.F2, Keys.None), FarPoint.Win.Spread.SpreadActions.None)

これでF2を押した時にスプレッド内部のキー割り当てが解除されて
普通にVBでKeyDownイベントがとれるようになった。

以前のOCXバージョンのスプレッドは使ったことあったけどこの点は
変更されてて危うくはまるところだった(^^;;


.NETでメール受信

.NETでメールを受信し、DBに保存する仕事の依頼を頂いた。
前回メール送信部分をやっていたのでにた感じかと思いきや・・・

メール送信に使うSMTPは.NETにクラスとして準備されているが、
受信に使うPOPはクラスとして準備されていない。。。

調べてみるとどうやらソケット通信で受信せねばならぬ様子。
サンプルが公開されていたのでそれを参考にしてなんとかメールは受信できた。
ヘッダの解析を自前でやらなきゃだからそれが想像以上の手間。
クラスがあればプロパティで取得できるわ・・・と思ってただけに工数Up。
まぁその分自分の力にはなるんだけれど。

デコードとかの問題で簡単ではなかったんだろうけど
あれば絶対便利だと思うんだよね POPクラス。

ちなみにサードパーティを調べてみるとそういうコンポーネントは販売されてる。
グレープシティだと「Secure Mail」というのがそれに当たりそう。
なんと価格85,000円。便利なものは高い。。。


.NET CompactFramework

僕はプライベートの携帯電話としてW-ZERO3[es]を使ってる。
元々PDAはPalmを使ってたんだけどスマートフォンにしてからはめっきりと使わなくなった。
在宅での仕事というのもあるのだけれど(^^;;

とはいえPalmの秀逸なPIMアプリにはまだまだWindowsMobileは物足りない。

前から気になっていたアドレス帳を使いやすく!というのを考えて
自分で作れないかと.NET CompactFrameworkで少しコードを書いてみた。

.NETの仕事を数件こなしてきたので慣れもあるんだろうけど以前より使える感じ。

なんとかアドレス帳を取得して表示することはできた。

Palmライクなアドレス帳が作れたらいいな。
時間を見つけて開発してみようか。