WordPress コード表示プラグイン Code Viewerを使ってみる

このブログ内でのサンプルコードをもっと見やすくしたいなと思い調べてみると
コード表示のプラグインがあることが判明。

Code Viewer
というプラグイン。

指定したテキストファイルを行番号を付けて表示してくれるというもの。
タグを気にすることなくプログラムのソースを貼り付けられそうだから嬉しい。

導入は簡単なので早速試してみる。

問題なく表示はできるもののそのままだとコード部分が少し見づらい感じ。

これを少しカスタマイズして表示部分を見やすくしてみた。
DOS時代チック(^^;;

これでよりサンプルコードが見やすくなっていいんじゃないかな。


CF2.0でWMのモデル番号と製造元名を取得する方法

WindowsMobile用のプログラム作成時にちょっとはまったのでメモを兼ねて。

Visual Studio 2005 VB.NET + Windows Mobile 5.0 SKD for Pocket PCで
モデル番号と製造元名を取得する方法。

  1. <dllimport ("coredll.dll", EntryPoint:="SystemParametersInfo")> _
  2. Friend Function SystemParametersInfo _
  3. (ByVal uiAction As System.UInt32, _
  4. ByVal uiParam As System.UInt32, _
  5. ByVal pvParam As System.Text.StringBuilder, _
  6. ByVal fWinIni As System.UInt32 _
  7. ) As Integer
  8. End Function
  9.  
  10. Friend Const SPI_GETOEMINFO As Integer = 258
  11.  
  12. Dim buffer As New System.Text.StringBuilder(200)
  13. SystemParametersInfo(SPI_GETOEMINFO, 199, buffer, 0)
  14.  
  15. MessageBox.Show(buffer.ToString)

W-ZERO3 WS003SHの場合だと
”SHARP WS003SH”
が取得できる。 これで機種判別ができそうだ。