中古の電子辞書を購入して使ってみる

仕事中に辞書を引く必要があるときにいつもはYahoo!やgooのオンライン辞書検索サービスを使っている。
分厚い辞書を引く手間が省けてこれは便利だけども 

「PCを立ち上げていないときにも簡単に辞書を引きたい」

という以前からのわがままな!?要求もある。
アドエスにも辞書は入れてあるけどこれがイマイチ使い勝手が悪い。
ということで中古ながら電子辞書を某オークションにて購入。

SHARPのPW-7000という一昔前のものなので安い(^^;;
新語を調べるよりも和英・英和と広辞苑が多いので古くてもあまり差し支えはない。
このモデルの収録辞書は以下の通り。
・(株)岩波書店『広辞苑第五版』(約23万項目)
・(株)大修館書店『ジーニアス英和辞典』(約9万2000項目)
・(株)大修館書店『ジーニアス和英辞典』(約8万項目)
・(株)学習研究社『学研監修漢和辞典』(約6355字)

広辞苑とジーニアスに漢和で必要なものは事足りる内容。

早速使ってみるとやっぱり専用機は手軽で早い。
仕様書を作成する時は辞書を必要とする回数が多いのでこれで仕事の効率もあがりそうだ。

最近の電子辞書は収録辞書数も多くて魅力的。
必要に迫られれば最近のモデルも使ってみたい・・・
儲けを出して新しいのが買えるようがんばろう。


外部設計完了

現在進行中の案件 店舗管理システムの外部設計が一通り終わりなんとか納品にこぎ着ける。
ここから引き続き内部設計へ。
内部設計のサンプル提出が週明けなので3連休とはいけそうにない。

もうしばらく設計生活。


引き続き開発も受注候補へ

現在進行中のプロジェクト 店舗管理システムは当初設計のみ担当だったけれど
そのまま開発も一部担当して欲しいという話を頂いた。

設計が完了したらそのまま開発へ突入予定。
自分で設計したシステムなので開発効率は良さそうだ。

Webサービスを使った部分の開発もできるので得るものは多いだろう。
設計が続きプログラミングの欲求があるので早く開発したい(^^;;

年内の仕事も確保できそうでこちらも一安心。


9月も設計の日々が続く模様

7月末から設計できる人員が不足しているということで、いつものプログラミングではなく、
システム設計の仕事を頂き8月は打ち合わせと外部設計のSE業務な日々で過ぎた。

スマートクライアントな環境でXML Webサービスを使ったシステムの構築だけれども
システム設計の依頼で開発までは担当しないのでもうしばらくは仕様書作成の日々が続きそう。

技術検証でちょっとした画面やプログラムを作成するのが楽しみだったり(^^;;

9月中は内部設計でまた仕様書作成でびっしりと予定が埋まっている。
プログラミングのブログ記事はネタが無いかもしれないけど技術的なものは何か出てくるかも・・・しれない!?