e-Taxで確定申告 【データ送信編】

e-Taxで確定申告はいよいよ【送信編】
前回の記事「確定申告 【やよいの青色申告 データ書き出し編】」で作業したように
「やよいの青色申告」からe-Tax用のデータを書き出しておいた
あとは「e-Taxソフト」を使って一気に済ませます!

■e-Taxソフトにデータ取込
「e-Taxソフト」を起動し、「作成」から「申告・申請等」を選んで「組み込み」ボタンを選択。
ここで先に「やよいの青色申告」で出力したe-Tax用のデータファイルを選択する。
これで「e-Tax」に確定申告に必要なデータがそろった。

■取り込んだデータ(申告書)の確認
取込が完了すると一覧に表示されるので取り込んだデータを選択して「帳票一覧」ボタンを選択。
「所得税確定申告用B(第一表・第二表」」と「青色申告決算書(一般用)」が表示されている。
それぞれ「帳票編集」ボタンを選択して、印刷し、内容を確認してから問題なかったので「作成完了」ボタンを選択。
これで状態が「作成完了」となる

■必要書類の追加
去年は一度送信した後に追加し直したので今年は忘れないように準備。

次に社会保険料控除と医療費控除の証明書に関する書類と
送付書を追加する

▼社会保険料等に係る控除証明書等の記載事項の追加
「e-Taxソフト」の「作成」から「申告・申請等」を選び一覧から先に作成した確定申告のデータを選択。
「帳票一覧」ボタンを選択し、「帳票追加」ボタンを選択。
「社会保険料等に係る控除証明書等の記載事項」を選び
 社会保険料と生命保険料の種類と支払った金額を入力。
 内容を確認して、「作成完了」ボタンを選択。

▼医療費に係る領収書等の記載事項の追加
「e-Taxソフト」の「作成」から「申告・申請等」を選び一覧から先に作成した確定申告のデータを選択。
「帳票一覧」ボタンを選択し、「帳票追加」ボタンを選択。
「医療費に係る領収書等の記載事項」を選び
 取っておいた領収書を病院毎にまとめて記入し、合計金額を計算。
 内容を確認して、「作成完了」ボタンを選択。

▼送付書の追加
e-Tax 送信票のチェック
「e-Taxソフト」の「作成」から「申告・申請等」を選び一覧から先に作成した確定申告のデータを選択。
「帳票一覧」ボタンを選択し、「帳票追加」ボタンを選択。
ここから「所得税申告」の「申告書等送信票(兼送付書)」をチェックし「追加」ボタンを選択。
これで一覧に表示されるので「帳票編集」ボタンを選択し、
 ・申告書(所得税)欄の「第一表・第二票」の「電子欄」にチェック
 ・決算書・収支内訳書欄の「一般用」の「電子欄」にチェック
 ・「医療費控除関係書類」の「提出省略欄」にチェック
 ・「社会保険料控除関係書類」の「提出省略欄」にチェック
確認したら「作成完了」ボタンを選択。一覧の状態が「作成完了」となる。

e-Tax 確定申告 提出帳票一覧これで今回の確定申告に必要な書類がそろった。

■電子署名を付ける
e-Tax 確定申告 電子署名を付ける
どうにか必要な書類データがそろったので申告書類に電子署名を付ける。
「e-Taxソフト」の「電子署名」を選択すると電子署名を付けられる書類のリストが表示される。
申告に必要な書類の作成・確認作業が完了していればここに表示されるので
書類データを選択し、「署名」ボタンを選択。
電子証明書のメディアは「ICカードを利用」を選択し、住基カードをICカードリーダーにセットして
電子署名を書類に付ける。

■申告データの送信
e-Tax 確定申告 データ送信
電子署名が無事に付いたら送信可能となるので「送信」を選択し、送信する書類データを選んで
「送信」ボタンを選択する。「即時通知」が表示されるので念のため保存。
「メッセージボックス」に手続きが「所得税申告」のメッセージが届いており正常にデータが送信されたことを確認。

■e-Taxでの確定申告を終えて
なんとか今年も確定申告が完了。
やよいから出力したe-Taxのデータを「e-Taxソフト」に取り込んでからの作業は去年とほとんど同じだった。
2年目でなんとか慣れればe-Taxでの申告も面倒ではないと感じられた。

日々の経理をきちんと整理しとけば慌てることもないのかもしれない・・・(^^;;
ひとまず終わってよかった (´▽`) ホッ


確定申告 【やよいの青色申告 データ書き出し編】

e-Taxを行う環境は前回構築できたので 確定申告に必要なデータを準備。

前日までに「やよいの青色申告」に入力している経理データは内容を確認済。
決算処理を行ってe-Taxデータの書き出しを行う手順を来年の為にまとめておく。

■やよいの青色申告 e-Taxデータの書き出し

・メニューの「決算・申告」から「青色申告」→「決算書設定」を選択
必要事項を入力する

・メニューの「決算・申告」から「決算書作成」を選択
決算データを作成する

・メニューの「決算・申告」から「所得税確定申告書B」を選択
「データ取込」を選択して、決算書データを確定申告に反映させる
必要事項を入力する 「第一表」「第二表」

・メニューの「決算・申告」から「e-Taxデータの書き出し」を選択
「e-Tax情報設定」を選択して必要事項を入力する
出力帳票で「所得税」の「所得税確定申告書B(第一表・第二表)」と「青色申告決算書(一般用)」にチェックを入れる
保存場所とファイル名を確認して「OK」ボタンでe-Taxデータへ書き出しが完了

これでやよいのデータをe-Tax用に出力することができたので
後はデータをe-Taxソフトで送信するだけだ。


確定申告準備 今年もe-Taxで申請します 【環境準備編】

昨日が納期の仕事を無事納めてリリースしたのでこの間を利用して確定申告をしておくことにした。

今年もe-Taxで確定申告する予定。去年は住基カードを準備する等の手間が必要だったけど
今年はその手間が無い分楽に終わるんじゃないかと予想。

手元に住基カードとICカードリーダーと税務署から届いた利用者識別番号を準備。
いずれも去年と同じもの。

まずは環境の構築。
去年申告した時のパソコンの環境は再インストールしてしまったので再度必要なものを準備。

■事前準備セットアップのインストール
確定申告作成コーナーから
「作成コーナー事前準備セットアップ」をダウンロードしてインストール。
これにより
・信頼済みサイトの登録及びレジストリ情報の更新
・ ルート証明書のインストール
・署名送信モジュールのインストール
・JPKI 利用者クライアントソフトのインストール
がまとめて行われるので便利。
去年はなかったような気がする・・・一度に済んで今年は楽だね。

■e-Taxソフトのインストール
e-Taxのホームページ ダウンロードコーナーから
「e-Taxソフト(共通プログラム)のインストーラ」をダウンロードしてインストール。
e-Taxのメインソフト。これで申告書類を作成して、電子署名をつけて国税局に提出できるようになる。

■カードリーダードライバーのセットアップ
SHARP 住民基本台帳用 ICカードリーダライタダウンロードから
接触型ICカードリーダライタ RW-4040のドライバをダウンロードしてインストール。
これでカードリーダーが認識されるので住基カードが使えるようになる。

環境はこれで構築できたので次は2008年の経理のチェックだ!

「やよいの青色申告」で入力した経理の仕訳を確認作業。
「やよいの青色申告」を起動して、「仕訳日記帳」画面を開いて「印刷」を行う。
画面でチェックするのはしんどいし、印刷すると控えにもなるし丁度いい。

まとめておいた売上の領収書や銀行の通帳、経費の領収書と照らし合わせて仕訳が合っているか確認。

これで経理の入力はOKになったので次はようやく確定申告のデータの準備へ。


VAIO type P 純正ポーチに収納した写真

VAIO type P用アクセサリーキットVGP-JMAKP1/Wに付属する本体ポーチの話題

VAIO type Pを大容量バッテリーを装着した状態でポーチに入れて写真を撮ってみた
写真の腕はありませんが…
買おうか悩んでる方の参考になれば幸いです


VAIO type P ポーチ フィット具合

純正だけあってぴったり収まる
きつきつではないのでファスナーも開け閉めしやすい

※写真クリックで拡大します

VAIO type P ポーチ フィット具合
大容量バッテリーを装着した状態だと隙間があまりない
逆に標準バッテリーだと少し隙間が出てくる

※写真クリックで拡大します

VAIO type P ポーチ フィット具合
斜めからみるとこんな感じ
フィットしてます

※写真クリックで拡大します

VAIO type P ポーチ 生地
ポーチ内側の生地はフリースのような素材
ショック吸収という感じではなく傷を付けない為らしい

※写真クリックで拡大します

VAIO type P ポーチ 内側素材
少し接写すると素材はこんな感じ。
SONYタグが主張している(^^;;

※写真クリックで拡大します

思っていたよりも作りが良くて満足してる
使ってみての評価としてはやっぱり

○type P にぴったり
○大容量バッテリー装着でも収納できる

という所かな。
単品のポーチだと約4,000円なので本体とACアダプタ等を収納できると考えれば高くないと思う。

鞄に入れての持ち運びを考えると衝撃吸収素材のものが欲しいと思う。
やっぱり精神衛生上ね(^^;;
今後VAIO type p用のゼロショックとか衝撃吸収素材のインナーケースが発売されることを待ってます


Microsoft Word2007をPDFに変換するアドイン(無料)

現在進行中の案件の中で「大量のWord文書をPDFに変換する」という要求が出ている。

仮想プリンタを使ってPDFに変換してもいいと考えていたけど・・・大概のそういったソフトでは
保存先を聞いてくるダイアログが表示される。

何かいい方法はないかと探しているとOffice2007文書をPDFまたはXPS形式に出力する方法が
Microsoftからアドインという形で無料で提供されていることを知った。

これは試してみなければ!

Word2007 PDF変換

Microsoftサイト 2007 Microsoft Office プログラム用 Microsoft PDF/XPS 保存アドイン
をダウンロードして、インストール。

まずは手動で試してみる。
メニューの「名前を付けて保存」に「PDFまたはXPS」というのが追加されているのでそれを選択。
出力先のフォルダとファイル名を指定して「発行」ボタンを選択。
これでいとも簡単にPDFに変換された。

Office2007を使っていてありがたみを感じた瞬間(^^;;
是非次期バージョンでは標準で対応して欲しい!

VBAからは「ExportAsFixedFormat」メソッドを使えばこれに対応できるので
これを使えばVBからWordファイルをまとめてPDFに変換するプログラムはできそうだ。

Office文書のPDF変換を考えている方は是非お試しください!