ポメラのファーストインプレッション

初のポメラでの入力。入力後、ブログ記事投稿前にちょこっと校正。
ポメラが一発変換できないにはご愛敬!?
一度学習すれば大丈夫だけどちょっと驚いた(^_^;)
普通自社製品ぐらいは登録されてると思ってたから。

◆液晶画面
液晶画面は見やすくていい。
フォントサイズは標準の一番小さいタイプ、背景色は白で使用中。
コントラストもフォントもうまく調整されていて見やすい。
本当ワープロが蘇ったみたいだ(^_^;)

◆電源ボタン
電源ボタンが意外と押し心地?認識?が悪い。
自分で思っているよりも気持ち長めに。
押し間違いを防ぐためだろうけど。まぁそのうち慣れそう。

◆本体
本体は艶消しでいい雰囲気で質感が高い。
なんとも大人びた仕様。
と良いながらも白天板には何かシールが貼りたくなるのは何故なんだろう(^^;;

◆メニュー操作
メニュー画面はカーソル移動は下に飛ぶのは無理らしい。
↓キーで順番に。。。
PCでは普段自分がそういう操作をしていることに気がついた。
ファームウェアで対応可能?
あ、でもファームウェアは独自で更新できない仕様なら次期バージョン待ちか。

◆日本語入力
ATOK搭載!という割にはちょっと誤変換が多い印象。
メモリやレスポンスの問題でこのレベルなのかそれともコストカットなのか。。。
誤変換を直す時間はデジタルメモではデメリットなので次期バージョンでは改善を期待。

◆キーボード
やはり店頭で試してもわかりづらかったけどキーボードのタイプ音は小さめでいい。
これならセミナーとか会議でもこっそり?と入力できそう。
キーの入力感覚も反発感は心地よい感じ。
キーピッチはこれだけ確保されてると入力しやすい。
1~¥の行はキーの縦幅が若干狭いのでこの行は入力しづらい。数値に-,\など意外と使う頻度が高い。

慣れてくると入力は問題無い。想像以上にタイプできるので心地よい。
個人的にはVAIO type Pのキーボードより好み。クリック感が好みに近いのかな。

◆PC接続
PCとの接続はUSBケーブルを刺すだけと手軽。
純正ケーブルではなく、手持ちのminiBを使ったが問題なく認識された。
ドライバが不要なのも便利。

◆次期バージョンで思うこと
 ▼USB接続時にキーボードとして使える
  いつも使うキーボードとして機能すれば持ち出してもPCでも同じ使用感。
  ポメラの液晶をどうしておくかが問題だけど(^_^;)

◆総評
買うまで結構悩んだけど、この使い勝手ならばもっと早めに買って使っていてもよかったなと思った。
やはり入力専用機というだけあってクォリティは高い。

パソコンを起動するまでもないけどメモしたいことってある。
仕事の仕様だったり、ブログのネタだったり・・・etc。
携帯電話だともちろん、Willcom03もさすがに長文はしんどい。
ぱっと起動してくれたらメモするモチベーションもたもったままだからいいね。

そんなこんなでポメラ生活始まります。


ポメラ届く! ひとまず開封してみる

待ちに待ったポメラが本日到着!
早速開封してみたので駆け足で画像と共に。

ポメラ 化粧箱
化粧箱はNintendoDSぐらい?
推測(^^;;

この男性の写真はキングジムの社員さんなんだとか。

※写真クリックで拡大


ポメラ開封 不織布で包まれている
本体は不織布のようなものにくるまれていた

うっすらと見える天板・・・

思っていたよりもちょっと重量を感じる
サイズからすると重めかも。

※写真クリックで拡大

ポメラ 天板 ホワイト
ホワイトの天板。
ここをホワイトボードとして使う方もいるとか・・・
メタリックなホワイト。

写真は撮ってないけど裏面のつや消しの質感は個人的に好き。
マットな感じが大人っぽくていい(≧∇≦)b
※写真クリックで拡大

ポメラ 広げてみた
待ちに待ったキーボードを広げる
これぞ現代ワープロ!
店頭で観ると他の商品もあるから実際にポメラだけあると存在感が違う。

液晶を広げて、キーボードのロックスイッチを外すとキーボードが広がる。
広げるとカチっと音がしてロックがかかっている模様。
この状態だと安定しているのでキー入力がしやすそう。

キーボードの表面もマットな仕上がり。

※写真クリックで拡大

ちょっと時間が無いもので本当に開封しただけのレポート。
感想等はまた後日・・・


悩んだけどやっぱりポメラを注文!

ポメラの展示機を触ってみてますます欲しくなっていた。

仕事上デジタルなデータとしてまとめることがほとんどだからデジタルなメモができるのは業務効率アップだ! ということと、
メーカーの開発秘話的な話を雑誌で何度か目にしていると開発者も商品としても評価の高いので体験しておくべし! 

ポメラのソフトウェアは中国で開発したんだとか。日本企業は断られたと・・・
携帯にしても日本は何でも詰め込むと人気が出たり売れる状態だから
この時期に単機能をしぼって売るというのは賭けだっただろうな。
でも潜在的な需要をちゃんと理解してた開発者はすごいし、それを支えて世に出してくれた上司はすごい!
人が「売れない」と評価するものが実際に売れたんだから やっぱりチャレンジ精神は大切だ。

と 注文への後押しとなった。 うまく乗せられただけかも(^^;;

さぁ 注文・・・と思ったらそういえばファームウェアの更新がどうとかという記事を見たのを思い出した。
ファームウェアはメーカーでないと更新できないらしい。
2009/8/2発送分でキングジムへの着払いでの受付を終了ということで
初期在庫ではなく最新のファームウェアになった物を手に入れたいと思い取扱店を探した。

最新のファームウェアに対応したロットを販売しているということで注文!

【送料無料!】キングジム デジタルメモ ポメラ【DM10】

送料無料で16,600円(税込)といい条件だったのでこちらで購入。

色はオレンジにも惹かれたけどtypePを買ってから白がお気に入りなのでポメラも白に決定!
ちょうど在庫があったしね(^^;;


専用ケースとかもあるようだけれど使い勝手と相談しながらおいおい決めていこうか。
液晶保護シートは欲しいなぁ。vis-a-visさんで取り扱ってるようなのでチェックしとこう。

議事録や資料まとめの時間が短縮されれば本当嬉しい。
ブログもマシな文書が書けるように精進します < (_ _)>

さて今から到着が楽しみだ (-_☆)キラーン


「REMARK」レンズのメガネを購入

一日PCを前に仕事をしているとどうしても眼精疲労や肩こりには悩まされる。

メガネ屋さんで疲れ目の話をしていたら最近はパソコンや携帯電話など近いところを見ることが
多い生活だからそういった人にお勧めのレンズがあるとのこと。

HOYAが発売しているレンズ「REMARK」

■左右それぞれに専用レンズ
全ての方向への目の動きを考慮したレンズ設計で視線の移動に対応していることで
隅々まで綺麗に見えるらしい。

■レンズの下方向に近くを見るサポートゾーン
携帯やパソコンはレンズ下方向で主に見るらしく、そのゾーンの度数をゆるめにすることで
目の調節機能をサポートすることになって疲れにくくなるらしい。

携帯やパソコンとか近くと遠くを繰り返しみる生活だからそれが多い日は確かに目が疲れてる。
年齢を重ねる毎にピント調節についていかなくなるのかしんどい(^^;;

今年初めにも説明を聞いて気にはなっていたけどキャンペーン中でレンズが安くなるというので要検討。
メガネ店のスタッフの方も使われている方は多くて違いを実感している模様。

今はパソコン用に度数がゆるめのメガネと運転など見えなきゃ困る矯正のメガネと2つをかけわけている。

パソコン専用レンズというわけではなく、矯正は普段使える1.0とかに矯正しているけど
近くを見るゾーンが度数がゆるめになってるから目の調節機能が疲れにくいんだとか。

メガネの掛け替えも場合によっては必要がなくなるようだしこれは魅力的なレンズだ。

疲れ目が楽になるのは作業効率も上がるし 健康にも良い。

通常のレンズよりも高いけれどここは思い切って「REMARK」レンズを試してみることに。
フルオーダーのレンズらしいけど約1週間程度で作ってもらえるというので来週末には受け取れそう。

さて効果はいかに! 


ノビノビ開発で良い評価!?

春先に開発して納めた教育機関向けの名簿閲覧・検索システム。

既存システムがFileMakerだったこともあり .NETでリプレースしたことで
ユーザーインターフェイスが大きく変わったので心配はあったけど
プロトタイプ版の確認をしていた事もあり 利用される方からはいい評価を頂いていると報告を頂いた。

制限もあまりなく自由に設計・開発させて頂いたのでやりがいのある案件だった。

追加機能を考えているという話もでてきている模様。
使われるシステムを作るとこういう発展があるのが嬉しい。

独立する前は勤め先の仕様に縛られてできないことが多かったけど
その辺を気にしなくていいのはできる事も増えて幅が広がる。

まだ次の話は先かもしれないけれど いい評価を頂けたことは 次へのモチベーションに繋がるので本当に嬉しい。
いろんな知恵を貸してくださった 社長さんに感謝です < (_ _)>