自分の作ったシステムが使われている現場を見に行ってきた

週末は休暇をとって大阪に観光に行ってきた。

梅田には、アパレル系の販売管理を納品している店舗がある。
全国に20数店舗展開しているところだけど実は近くに店舗が無くて一番近いのが神戸・大阪。
昨年の今頃稼働を始めたシステムでもう約1年が過ぎようとしている。

下請けの仕事なので直接相手はこちらのことを知らないし、僕も業務的なお付き合いは無い。
昨年の夏にも一度行ったけど雰囲気のいいお店なので今回も覗いてみた。

その店舗は、店内から自分の作ったシステム画面が見える。ちょうど伺った時に表示されていたのは
利用頻度が一番高いと聴いていたある分析画面。

実際に現場でその画面が表示されていると本当に使われているという実感があって嬉しい。
販売や顧客管理のシステム開発って事務所で使われることが多いから普通はなかなか
実際に使われているところを見れる機会は少ない。

建築関係の方が「これが自分の作った道だ」というような感覚はこういう感じなのか~と
思わずニヤケてしまうような嬉しい感覚になれる。

接客の時の笑顔と心遣いがすごく良い方で勧められる服も自分に合いそうなものを持ってきてくれる。
笑顔はもちろん、接客時の距離感や喋り方も感じが良い。
店員さんの対応が気持ちよくてついつい服を買ってしまった。
やはりこういう接客の感じの良さは大切だなと実感。笑顔でいられるよう自分も心がけたいと思った。

天気には恵まれなかった大阪だけど、自分の作ったシステムが使われているのも見れて、
良い接客で買い物もできてとても充実した時間だった(^o^)

大阪に行って帰ると仕事の話が増えるという自分の中でのパワースポット。
多くのパワーを充電してきたのでパワフルに笑顔でがんばろう(^o^)/


「仕事脳を強化する記憶hacks」を読み始める

「仕事脳を強化する記憶hacks」

著者:佐々木正悟
出版社:技術評論社
価格:1,659円(税込)
発行年月: 2009年09月

HACKSシリーズは結構好きで何冊か読んでいる。
タイトルに惹かれて今回も買ってしまった(^^;;


まだ読んでいる途中で1/3ぐらいかな。

勝間和代さんも似たような外部記憶装置としてパソコンなどを利用すると著書に書かれていたがその発想に近い。

タスク管理やスケジュール管理などIT技術を有効に使って忘れないように(忘れても思い出せるように)しようというもの。
実際にそのツールを使った感想や使い方なども簡単に説明されているので良い。

iPhoneを使えば・・・便利というのが多いのが非iPhoneユーザーとしては辛いところ。
僕はiPhone使っているとよく言われるけど持ってません(^^;;
iPhoneはアプリが充実しているからすごく便利なのは分かっているんだけど・・・ねぇ。

今年はスケジュール管理の方法をアクションプランナーに変えた。
1月に受講した佐々木かをりさんの時間管理術では

「ToDoリストは作らない」 時間軸にタスクを落とす

というのが佐々木流だったので僕もそれを実践中。
この方法でスケジュールの管理とやることの管理はスムーズにできている。

といいつつもあるプロジェクトについてあれやこれやするべきことのリストが必要になり
それを管理する必要が出てきた。しかし、時間軸に落とすとばらけてしまって全体が見渡せない。
本当に行動を起こすレベルになるとアクションプランナーでいいんだけど、項目の管理となると
やはりプロジェクト単位でToDoをリストとして管理したい。一覧性が重要になってくる。
ToDoというよりはプロジェクト管理なのかな。

オンラインのToDo管理サービスは有名な「Remember the Milk」を使っていた事もあるが
今回この本の中にもっと便利そうなツールがあったのでそれを早速試してみた。

「Toodledo」という無料のオンラインToDo管理サービス
日本語化されていないのが残念。でも日本語は使えるので使い方が分かれば問題なさそう。
有料版もあって契約すると機能が追加される模様。
あ、このサービスもiPhoneがあると便利みたい(^^;;

無料版でも機能は豊富なのでまずは無料版で様子を見てみよう。

また感想をブログで紹介しまんじゅう。


HYBRID W-ZERO3 WillcomUIの修正プログラムを適用した

先日2/16修正プログラムが公開されたばかりのHYBIRD W-ZERO3だけど
1週間後にさらに修正プログラムが公開された。

■ウィルコム バージョンアップ情報
から修正プログラムが入手できるようになった。

主な修正内容は
「Outlookと連動して動作する、絵文字に対応したEメールビューワー・エディター機能を追加しました」
「その他動作の安定性を向上しました」
そう言えばOutlookでは絵文字が使えていない。
携帯電話とやり取りには使っていなかったので得に不便は感じていなかったけど
メール機能が強化されるのはありがたい!

その他安定性の向上も期待。毎日1回は再起動してるから(^^;
ブラウザの表示がおかしくなったり、メール受信がエラーになったりとトラブルは多い。

早速ダウンロードしてインストールしてみることに。
あ、その前にまずはもしもの時の為にmicroSDにバックアップ。

更新マニュアルをチェックすると本体からの更新もできるというので試してみる。
ACアダプタに接続するが充電不足というのでしばしそのまま充電・・・
その後、更新を行うも・・・更新プログラムのエラーで進まず orz
再起動しても現象は変わらずなのでPCにダウンロードしたセットアップCABをコピーして実行。
最初からそうすればよかった(^^;;

今度は得に問題もなく、インストール完了&再起動。

Willcom UIの修正も入っているようで設定は全て初期化された・・・
ウェザーニュースの地域やメニュー表示の設定等再設定。

これがW-ZERO3専用のメーラーなのだろうか?それにしてはちょっとお粗末な動作。
専用というよりはフロントエンドだけ差し替えたものか。

メールを受信したらOutlookがアラートを表示させたり、長いメールは表示できなかったり・・・
なんだか動作がちぐはぐしている気がする。

自分が使っている機能で言えば進化というよりは退化な印象が…(^^;

早く出したい気持ちはわかるけれどこれは酷評になりそうな予感。
それは自分の仕事にも言えることなので明日は我が身で気をつけたい。

経営再建がかかる重要なウィルコム。いろいろあるけどユーザーに支えられていることは確か。
本当一歩一歩だけど次の更新を楽しみにしておこう。


確定申告時には個人事業税も一緒に要チェック!

月末の納期と風邪を引き込んでしまったことでまだ確定申告に手が付けられていない。
やはり3月に入ってからになりそう。

そんな確定申告や税金の話を 先日、先輩SEと話をしていたときの事

「所得税の計算の時に個人事業税も確認しておいた方がいい。忘れていると意外と大きな出費」

個人事業税聞いたことはあるが、まだ課税対象になっていなかった。
独立して3年。今年はそろそろ対象になりそうな気配。

確定申告した時の事業所得に対して、一定税率で税金が課せられる。
岡山県の場合は、備前県民局税務部のページに説明が掲載されている

同じく岡山県のページで説明は不動産だけど計算するにはこちらが分かりやすい

僕の場合は第一種で税率は5%になるのかな。

事業所得(売上-経費) – その他の控除(損失の繰越控除等) – 事業主控除 290万円 が課税対象額
青色申告者であっても青色申告特別控除65万円は控除されないので注意!!

課税対象額に対して5%を事業税として納税する模様。

仮に事業所得を300万円とすると
3,000,000円 - 2,900,000円 = 100,000円 × 5% = 5,000円 
5,000円が個人事業税になる計算。

急に納税通知書が来たら驚くから、所得税計算時に個人事業税も確認して出費を把握しておかないと。


「大事なことはすべて記録しなさい」を読んだ

表紙のVAIO type Pが気になって手に取った

「大事なことはすべて記録しなさい」

著者:鹿田尚樹
出版社:ダイヤモンド社
価格:;1,500円(税込)
発行年月: 2009年11月


見出しを見て、中身をぱらぱらと見ているとなんだか面白そうな内容。
出会いは「表紙が気になった」という入り方だけど読んでみたくなり購入した本。

さすがに全てを記録するには中々無理があるので、良いと思った所を取り入れてみたいと思った。

著者の経験から情報、時間、お金をムダにしない数多くの方法が紹介されているが、
その中でまだ自分がやってないことで、いくつか実践してみようと思った事。

▼携帯電話でメモを書き、PCメールに送信
 室内外問わずメモ帳よりは携帯を持っている方が多いのでそれを有効利用。
 思いついたこと、ToDo、ブログのネタなどをGmailに送信しておく。
 思いついて、メモするまでに忘れてしまうことをこれで生かせる可能性が出てきた。

▼四行日記
 事実、発見、教訓、宣言の項目を1文で日々書いていくというシンプルな日記の方法。
 簡潔にまとめることもできるし、何より短いので日々続けられる。
 一日あったことを思い出す振り返りにもなるので良い。

▼ノートを「毎日用」と「勝負用」とで使い分ける 
 毎日用には1冊100円程度の安価なノートを使い、勝負用にはモレスキンのような高級ノートを使う
 という使い分けをするという発想も自分にはなく面白いと思った。
 そう考えるとモレスキンを使う場面を増やしてやることもできる気がした。

▼「プロフィールシート」を作る
 自分のできる事、実績などアピールするのが必要な場面に出会うことは多い。
 名刺やその時の言葉だけでは中々説明できるものではないから、何かそういったツールを
 作った方がいいなとは思っていた。
 自分のことだけでなく、紹介できる仲間の業務などもアピールしたいと考えていたのでこの部分を
 参考に何か作ってみたいと思う。

著者の鹿田さんのことは知らなかったけど人気書評ブロガーなんですね(^^;;
文書も読みやすく、やる気の出てくるような内容なのでオススメです。