日本SOHO協会のSNS

SOHOに関するサイトを探していると総務省所轄の日本SOHO協会を発見。

SOHO活動者が参加できるSNSがあるというので招待していただいた。

が、まだ登録者が少ないようで岡山、広島の方はいらっしゃらない・・・
どうやらSNSの活動はまだ活発ではない模様。

SOHO事業者の方興味があったらSNSにご参加ください。
いろいろと情報交換ができればと思います。

[`evernote` not found]

ユーザーコントロールのTextプロパティをプロパティウィンドウに表示させる

VB.NET2005の標準コントロールのラベルは線の指定が「BorderStyle」しかなく線の色や幅の指定ができないので
表現が単調になってしまいいささか地味。

見た目がわかりやすい表示ができるようにもう少し目立つラベルにしたいと思い
線の幅と色が指定できるユーザーコントロールを作成してみた。

ユーザーコントロールには「Text」プロパティが元々あるのだけれど標準ではプロパティウィンドウに表示されない。
表示する方法を調べてみたら

プロパティの属性指定「Browsable(True)」を

追加してやると表示されるようになった。

他にもプロパティの説明「Description」やプロパティのカテゴリを示す「Category」
もあり属性の指定でさらに細かく設定が可能。これで開発利用時にも便利になる。

※Imports System.ComponentModelが必要

  1. <Browsable(True), Category("表示"), _
  2. DesignerSerializationVisibility(DesignerSerializationVisibility.Visible), _
  3. Description("表示する文字列を入力してください")> _
  4. Public Overrides Property Text() As String
  5. Get
  6. Return MyBase.Text
  7. End Get
  8. Set(ByVal value As String)
  9. MyBase.Text = value
  10. End Set
  11. End Property

.NETラベルサンプル
線の色と幅等のプロパティを追加して、標準よりはいいラベルができた。
線があるだけで違うもんだな~

[`evernote` not found]

テレワーク推進地域セミナーin岡山に参加

テレワーク推進地域セミナー
先日参加申込していたテレワーク推進地域セミナーin岡山に参加してきた。

SOHOを始めてからこういったセミナーに参加するのは初めて。

参加された方の比率は、SOHO事業者:1割、企業:6割、行政関係者:3割というぐらいだろうか。
ただ講演の中での挙手で確認したので正確ではないが。
思いの外SOHO事業者の方が少ないのはセミナーの内容だろうか・・・それとも活動者自体少ないのかも。



通信インフラの向上と普及でシンクライアントを使ったSOHOワークもだいぶ実用的になっている模様。
だけどこの環境構築にどれだけの費用がかかるんだろうか・・・少なくとも中小企業には無理でないか。
とはいえこういった実験が岡山でもされていたことは嬉しく思った。

SOHO事業者が交流する場を支援するグループ「広島SOHO’クラブ」がある
広島はSOHOの活動がかなり進んでいるのには驚き。
場所の提供だけではなく、発注業者とSOHOもマッチング、SOHO事業者の育成までされていて学ぶ事は多い。
SOHOだから一匹狼で仕事・・・というわけではなく
岡山でもこういったグループができればいろいろとできることも増えてきそう。

SOHO事業者自身の専門分野以外のスキルアップが必要なことも確か。
「個人事業者だから発注をためらう」といわれないようにビジネススキルも上げていきたい。
自分もがんばらねば。

今回のセミナーはすごく刺激になって勉強になった。
自分に必要なのはまずは「交流の場」だと感じた。
またこういった集まりがあれば参加したいと思う。

[`evernote` not found]

e-Taxにチャレンジ 準備編

平成19年度分の確定申告をe-Tax(国税電子申告・納税システム)で行おうと挑戦。

e-Taxで申告すると平成19年度か平成20年度分のどちらかで5,000円の控除を受けれる。
住基カードの発行・電子証明書の申請、ICカードリーダーの購入等発生する費用ぐらいが控除される計算。
そう考えると控除のメリットよりは自宅に居ながらして申告できるというのが一番大きい。

平成20年度分の青色申告の為にと購入した「やよいの青色申告」ソフトを使って
平成19年度分の仕訳データも入力したので「やよいの青色申告」から
確定申告に必要な決算データはe-Tax提出用にも出力されるので便利。

ということでそんなe-Taxに挑戦についてまとめた。

e-taxのホームページで手順を確認しながら作業を行った。
■パソコン
手持ちのパソコンで条件は満たしているので十分。

■住基カード、電子証明書
 住民票のある市区町村の窓口で、住民基本台帳カード(ICカード)を入手し、電子証明書の発行が必要
ということで先日市役所で発行手続きをしてきた。即日発行。確認などで約1時間かかった。
 手数料合計:1,000円(住基カード発行手数料:500円 電子証明書申請:500円)

住基カードリーダー
■ICカードリーダーライタ
 ICカードリーダーは持っていなかったので「公的個人認証サービスポータルサイト」で市区町村毎に対応する機器をチェック。
 岡山県浅口市は「接触型」「非接触型」どちらも対応している模様。
 「非接触型」は機器の値段が「接触型」に比べて少々お高いので「接触型」にした。
 機種は価格が3,000円を切る手頃感からSHARP RW-4040に決定。
 購入し、開封してみるとドライバは付属せず、SHARPサイトより自分でダウンロードしないと行けない。
 この方がエコだし、最新が取得できるといえばそうかもしれない。
 住基カードは写真のように置くまでカチっと差し込めばOK。

■公的個人認証サービス
 「公的個人認証サービス利用者クライアントソフト」の利用にはJava実行環境が必要ということでここを参考にインストール。
 次に利用者クライアントソフトをダウンロードしてインストール。
 「利用者クライアントソフト」のICカードリーダライタの設定で「SHARP RW-4040」を設定。
 これで「JPKI利用者ソフト」を起動して自分の電子証明書を確認できた。

■ルート証明書
財務省認証局、財務省運用支援認証局のルート証明書が必要ということでインストーラーをダウンロードしてインストール。
 ルート証明書がないと初期登録作業の途中で受付システムにログインできないので注意!

■開始届出書の提出
 「開始届出書」を納税地を所轄する税務署に提出して、「利用者識別番号」を取得しなければならないということで
e-Taxのサイトから「開始届出書」をオンラインで提出。
「開始届出書」と提出すると即時通知が表示され「利用者識別番号」の取得ができた。
※平成20年1月からオンラインで「開始届出書」を提出したら利用者識別番号は即時通知されるようになったらしい。

■e-Taxソフトのインストール
 やっとe-Tax行うのに必要なソフトのダウンロード。
いろいろとインストールや設定してきたけどこれを使う為の準備ということ。
 まずは「e-Taxソフト(共通プログラム)インストーラー」をダウンロードしてインストール。
「e-Taxソフト」を起動すると更新プログラムが起動するので所得税の申告を選択して税目プログラムを追加インストール。
 
■e-Taxソフト 初期登録作業
 e-Taxソフトを起動し、利用者ファイルを作成して、電子証明書を登録。
 これでようやくe-Taxソフトの準備が完了。
あとは「やよいの青色申告」で出力したe-Tax用のデータを取り込んで処理すれば
申告に必要なデータは準備できるはず。
 今日は準備まででひとまず終了。

こうしてみると申請の準備だけでダウンロード&インストールなどの設定が多い。
これは普段からパソコンを使うのに慣れてないと難しいのではないかと思った。
オンラインで申請できるのは利用者も国もメリットはあるけれど「普及させる」という点では
この開始までの複雑さが改善されないと難しいのではないかと感じた。

※あくまでも私の環境や申告内容でのことなので詳しくは配布されるマニュアル等でご確認ください。

[`evernote` not found]

ほぼ日手帳に無地ノートを装備

今年の手帳を「ほぼ日手帳」にして約1ヶ月。
1日1ページと書くスペースが多くて満足なのだけど日毎ではなくメモりたい物を書くページが少ない。

ほぼ日手帳に無地ノート追加

何かないかなと文房具屋で探しているといいものを発見!
PILOTのコレト手帳リーフ(無地)
文庫本サイズより一回り小さい。
これは「ほぼ日手帳」のカバーに差し込んで使えそう。
48ページで157円とお値段もリーズナブル。
横罫があるタイプもあったけど無地を選択。



ほぼ日手帳に無地ノート追加

購入後 カバーの最後に差し込んでみた。
なかなかいい感じ。この厚みなら圧迫しないしちょうど良い。

付箋紙だとバラバラになったり、落ちる可能性があるから
ノートタイプが1つあると便利。

これで日付の関係ないことをメモるスペースができた。
「ほぼ日手帳」生活が快適に♪


[`evernote` not found]