e-Taxにチャレンジ 電子納税編

e-Taxによる確定申告を無事送信できたが所得税の納税がある。
e-Taxのホームページを見てみるとオンラインでの電子納税ができるというので内容を確認。

電子納税はPay-easyを使うようでそれが可能な金融機関を
Pay-easyが利用可能な金融機関で確認。
個人口座でネットバンキングを利用している中国銀行があるので支払えそう。

ということでその手続きを行った。
あ、今回は「登録方式」で納税手続きを行った。

■納付情報登録依頼の作成と送信
「e-Taxソフト」を使い納付情報をあらかじめ登録、送信が必要。
「納付情報登録」の「納付情報登録依頼」を選択すると提出した確定申告のデータが表示されている。
提出したデータを選択して「参照作成」ボタンを選択するとそのデータから「納付情報登録依頼」が作成される。
「作成完了」ボタンを選択すると「納付情報登録依頼」が送信可能となる。
※この書類は電子署名が不要らしい

続けて「送信」の一覧に「納付情報登録依頼」が送信対象となっているのでそれを選択して送信。
「即時通知」が表示されるので念のため保存。
「メッセージボックス」に手続きが「納付情報登録依頼」のメッセージが届いており正常にデータが送信されたことを確認。

■電子納税
無事に「納付情報登録依頼」の送信が完了したので引き続き電子納税。
「メッセージボックス」に届いた「納税情報登録依頼」のメッセージを確認すると納税用の振込情報が表示される。
ここに「インターネットバンキング」ボタンがあるのでそれを選択。
ブラウザが開き、銀行を選ぶ画面がでるので中国銀行を選択。
中国銀行のインターネットバンキングログイン画面が表示されるのでログインすると
納税用の振込情報が表示された状態なので金額等をよく確認し、パスワードを入力。
これで納税する所得税がネットバンキングより支払うことができた。電子納税完了!

この支払いに関しての連携には感心。振込は間違えると面倒だし、間違えやすい情報だからここまでしてくれると便利。

これでe-Taxによる確定申告と納税は完了。
あとは不備がなく、正常に処理されることを願うばかり。

始めてe-Taxをやってみたが準備にかかった時間が意外と長かったのがマイナスポイント。
とはいえ来年以降は仕組みが変わらなければもっと楽になるはず。となれば翌年以降はプラスポイント。

確定申告時期の税務署は駐車場も多くすごく混み合ってる。
自宅で申告できることは税務署への行き来の時間も必要なく、ガソリン代もいらないわけで
大きく考えると地球にも優しいんだなと。
今年の申告がうまく言って来年も使おう!と思う気にさせられますように・・・

[`evernote` not found]