セキュリティ対策の検討。更新か乗り換えか…

仕事に使っているPCのセキュリティ対策には、Kaspersky Internet Security(以下カスペルスキー)を使っている。
ラインセンスの更新期限が来たのでこのまま「カスペルスキー」を更新するか別のソフトに乗り換えるかを考えた。

セキュリティ対策ソフトは種類が多く、いつも更新か乗り換えか悩む。
去年はそれまで使っていた「ノートン」が重くて耐えられないので評判の良かった「カスペルスキー」に乗り換えた。

 ウィルス対策だけではなく、ファイアーウォールなどもトータル的なセキュリティ対策をしたいので
そういうソフトについていくつか調べた。

 PCの環境が最新スペックではないので、ある程度以前のスペックでも動作が重くならないソフトがいい。
あれもこれもできる変わりに動作が重いソフトが多い。

■「ノートン」はPCスペックが良くないと重いのが通例なので見送り。
■「ウィルスバスター」は、バージョンにより評価がかなり違うので見送り。
■「マカフィー」は、ソフトとの干渉が多いという話を聞くのと、昔客先でこれが原因でソフトが動かず
大変だった経験から見送り。
■「ウィルスセキュリティゼロ」は更新料がかからないのは嬉しいが性能もそれなりのようなので見送り。
経験として使ってみようとは思うけれども…

結局の所、他に乗り換えるリスクを考えると1年使って問題のなかった「カスペルスキー」を続けて使う方がいいと再認識。
アクティベーションキーを購入して適用した。

とはいえ更新キーは1年を購入したので、来年の今頃またセキュリティ対策ソフトを探してると思う(^^;;

[`evernote` not found]