Willcom 03 大容量バッテリー購入

白ロム 中古の状態で手に入れたWillcom 03。
約半年使っているとバッテリーの持ちがかなり悪くなってきた。
無線LANを使うことが多いのでバッテリーには負荷がかかる模様。

次のモデルが出るとしてもおそらくまだ先の話。
外部バッテリーで充電という方法もあるけどやはり面倒なのでバッテリーを交換することに。

Willcom 03のバッテリーについて調べてみるとPocketgamesさんで取り扱いがある

純正バッテリーと同じ厚みでちょっと容量が増したタイプ「Mugen Powerバッテリ1300mAh」があるが
厚みは増してるけど容量が1,730mAhと大きい「ポケットバッテリー WILLCOM 03」もある。
この価格差は約1,000円。バッテリー消費の大きい03だから大容量は魅力的。
でもその厚みが気になるところ・・・ブログなど既に使ってる方の感想をチェックしてみる。

純正タイプより4mm増し…許容範囲かも!

WILLCOM 03 クレードル + ポケットバッテリー の スタミナセット
どうせなら充電できるグレードルもセットになってお得な

WILLCOM 03 クレードル + ポケットバッテリー の スタミナセット
にしようとこちらを購入。

ポケットバッテリー 5,250円と
3,990円の合計9,240円が
セットだと7,770円と1,470円もお得だ~!


届いたので早速比較写真を撮ってみた。

Willcom 03 純正バッテリーの厚み 
まずは純正バッテリーを装着した状態の写真
いつも見慣れている比較的フラットな裏面

Willcom 03 ポケットバッテリーの厚み
これがポケットバッテリーに交換した後の写真
厚さ4mm増しを写真で撮るとこんな感じ

ブログ等で見てはいたが想像より厚みがあった
しかし見た目ほど重量を感じない気がする
見た目は「重そう」だから(^^;;

厚みが増した分指がかかり易くなったのか心なしかホールド感が増したかも

スライドしてキーボードを出した状態での入力時にも見た目ほどは邪魔にならない



厚みの不安はこうして実物を付けてみると自分にはやはり許容範囲
それよりも容量アップのメリットの方が大きいのもあるだろう

大容量バッテリーの恩恵をうけるには「コンディショニング」と言われる
満充電→完全放電まで使い切り を数回繰り返す必要があるそう。
容量の大きさを認識させてやらなければならないのかな。

これで安心してWillcom 03を持ち歩ける

WILLCOM 03 クレードル
そしてこちらが
Willcom 03専用の縦置き型クレードル

グレードルからUSBケーブルが出ているのでこれをPCや外部電源などに接続してバッテリーを充電できる。

グレードに装着した03本体とは別にセットした予備バッテリーも一緒に充電できる仕様。

実際にグレードルに本体を装着してみると…
ストラップをつけているとはめづらい感じ
ストラップはシンプルなつもりなんだけど(^-^;

でも充電もきちんとできるようなので一安心。

純正グレードルを持っていなかったのでスタンドがあるのは便利。

※PSE法改正と輸入バッテリー
バッテリー比較の際にお店に問い合わせたら
PSE法の改定でPSEのないバッテリーを輸入販売することは法律で禁止されているから
在庫が無くなると次の入荷は難しいのだとか。
バッテリーにお困りの場合は在庫があるうちにお早めに!

[`evernote` not found]

桜の花見は今週末で終わりかな ~近所の桜~

近所の桜 2009.04.09撮影
近所の桜が満開を迎えている。

風が吹くと散り始めている桜もある。
新緑の葉がちらほらと見え隠れしている桜もある。

この調子だとお花見はギリギリ今週末が最後かも。

※写真クリックで拡大



近所の桜 2009.04.09撮影
高校時代に教室から見える桜吹雪が毎年楽しみだった。
この季節になるとあの頃を思い出す・・・

週末まで綺麗な花が持ってくれることを願います (^人^)

※写真クリックで拡大


[`evernote` not found]