e-Taxにチャレンジ 税務署から連絡

所得税の確定申告が始まったというニュースと共に
税務署から電話があり提出書類が足りないので提出するようにと言われた。

不備があったかぁ・・・1発では成功せず(^^;;

足りなかったのは「医療費の明細書」と「社会保険料等に係る控除証明書等の記載事項」。
ということで「e-Taxソフト」を使って書類を作成

「帳票追加」で「医療費の明細書」を選び
取っておいた領収書を病院毎にまとめて記入し、合計金額を計算。
内容を確認して、「作成完了」ボタンを選択。

もう一度「帳票追加」で「社会保険料等に係る控除証明書等の記載事項」を選び
社会保険料と生命保険料の種類と支払った金額を入力。
内容を確認して、「作成完了」ボタンを選択。

あとは電子署名を付けて送信。
今度は大丈夫かな・・・送付書類が不足しているチェック機能があるといいんだけどなぁ。

必要な書類を提出する人の状況で自動抽出してくれる機能を付けてくれると
こういう不備がなくなると思うな。
ウィザード形式とかでね。大きくわけて数パターンにわけることはできるだろうから
絶対数の多い人向けにそういう機能も今後は対応して欲しいもの。

じゃないと紙で提出する方が楽になってしまう・・・

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*