山陽セキュリティフォーラム2010に参加してきた

今日は、午後から山陽新聞本社で行われた山陽セキュリティフォーラム2010に参加してきた。

自分の中での一番の目玉は第一部の「マイクロソフトのクラウドと仮想化」
マイクロソフト 吉岡氏のプレゼンテーションで
●Office2010でのクラウド戦略
●WindowsServer2008R2での仮想化の実現とメリット
を聞けるというので気になっていた。

1時間という限られた時間に詰め込んでいるので広く浅くになったのが残念。
ざっくりとOffice2010の新機能とクラウド連携、Windows Server2008 R2の仮想化技術の話だった。

Office2010は、企業向けへのボリュームライセンスはもう提供されているが、
一般向けのプレインストール、パッケージ版は6月17日販売開始。
アップグレード版の予約を早いうちにしておかなければ。

Office2010は以前よりも実行速度が速くなったという。
デモで見せて頂いたのはサクサク動いていたけどマシンが快速だったんだろうか!?
いつも使う自分のマシンでは実際どうなるのか楽しみだ。

リボンのカスタマイズやExcelのスパークライン、スライサー、PowerPointの動画・画像編集の機能強化は興味深い。
2007は使いづらいと一部不評だったけど、使っていくと便利さに戻れなくなった。
なのでより便利になる2010には期待。こうしてMS Officeから離れられなくなる(^^;;

クラウドは利用するのはもちろん、アプリの開発など提案する側でもあるので情報を集めなければ。
Azure、Hyper-Vなど気になっているけど調べたり、試したりできていないものも多いので
書籍やWebで確認するなどしてもっと勉強しよう。
SharePointの無料体験もしておきたい!

第三部は、トレンドマイクロの「仮想化、クラウド時代のセキュリティ」についての講演
仮想化やクラウドを使った場合の主にサーバー側のセキュリティの話。
とはいえ接続するクライアントのセキュリティも保つ事が基本。
接続するものに穴があればそこから攻撃されれる可能性があるのだからやはり基本だ。

Windows Updateは多いし、時間もかかって面倒だけど安全に使う為には、
Windowsを使っている以上は更新しないと危険なので皆さんやりましょう!

ということで仮想化とクラウドについて実りの多いセミナーでした!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*