ジブン手帳のカバーを帆布生地で自作

前回の思いつきから続く、倉敷産帆布の11号生地を使っての自作カバー作り。

今日は針と糸に持ち替えて ちくちくと縫ってみた。
ミシンが無いので手縫い!
帆布を手縫いするのは少々力が必要。特に重なる部分はね。

悪戦苦闘しながらも上下、左右の折りしろ部分を縫う。

ジブン手帳 帆布生地でカバーを自作

なんとか形にはなったけど・・・少々残念な!?状態で完成。
慣れていないと真っ直ぐ、等間隔で縫うのって難しい。

ジブン手帳 帆布生地でカバーを自作

早速ジブン手帳を入れてみる。
ぴったりと入った!
初制作なのにそれだけでも素晴らしい(笑)

まずは試作品ということで^^;

ペンフォルダーがあった方が持ち歩きには便利。
ほぼ日手帳のようなバタフライ形式を付けてみようかな。
多色ペンが挿せるサイズを考慮しよう。
自分で作るとそれができるのがいいよね。

縫い目は綺麗ではないけれど、自分で作ったという達成感が満足感に。
ほつれるまでこれを使うのもいいな〜
まさしくジブン手帳!

前回の生地サイズの投稿はこちら
▼ジブン手帳のカバーを自作しようかと

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*