タスク管理「Doit.im」の有料プランを契約

数日前からタスク管理に「Doit.im」を試しに使っている。
30日の無料体験中。

ちょっとやることが多くて頭の整理が必要な時期。
今までにタスク管理は「Remember the Milk」「Toodledo」、「Evernoteのチェックリスト」、「紙ベース」などいろいろと試してきた。

「Evernoteのチェックリスト」は手軽だけれど、1枚のノートで管理すると終わったものも表示が残る、ノートを分けると一旦検索が必要で一手間。

「Toodledo」は高機能だけれども入力する項目が多いので考えながら登録していかないといけない。

「Doit.im」はブラウザから利用できるのだけれど、その軽快さが素晴らしい。
タスクをどんどん登録していけるので思いついたらまずは「収集箱」へ登録しておける。使ってみてその軽快さはすっきり感を実感できる。
かといって、シンプルで物足りないというわけでもなく、プロジェクト、コンテキスト、タグ、メモや通知なども登録できる。
まずはタスクを登録して、分類するという使い方をしている。


有料プランにはサブタスクが登録できることを知る。
一つのタスクについて、関連したやることがいくつかあるケースが多いので、この機能は魅力的。
例えば、「レンタルサーバーを検討する」というタスクに、「A社を調べる」「B社を調べる」「お試しの利用」「再検討」などのサブタスクが登録できれば、やることを忘れなくて済む。

年間で$20。現在の為替レートだと日本円で約2,000円。月額換算で160円ちょっと。
この金額で脳内タスクの整理が軽快にできるのなら安いと思ったので有料プランを契約。

有料プランでMac用のアプリも使えるのだけれど、試してみたらブラウザよりも軽快さが無く残念。
ブラウザとスマホアプリで使うのが良さそう。

これでやることを忘れることなく、頭をすっきりさせられそう。

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*