ガーナチョコレートでiPhone6 Plusのサイズを確認してみる。

先週発表されて、今週末に発売となるiPhone6。
以前からあった大きいiPhoneが出るらしいという噂。
Galaxy NoteなどAndroidでは珍しくなくなった
5インチ越えのスマホ。
やっと!?iOSにもiPhone6 Plusとして登場する。

iPhone6 Plusの大きさは「ガーナチョコレート」の箱と同じぐらい。
ネットでそんな記事を見つけたので試しに買ってみる。
一時的にガーナチョコレートの売上が伸びたんではなかろうか(^_^;

iPhone5sとガーナチョコレート箱のサイズを比較

さらにわかりやすく確認するためにiPhone6 Plusの画像を紙に印刷。
並べてみるとこんな感じ。
ちょっとガーナの方が縦に長いかな。でも大きくは違わないみたい。

ちなみに画像はこちらのブログで公開されているものを使った。
▼iPhone6 PlusのPSDモックアップとAppleのフォント

iPhone5sとガーナチョコレート箱のサイズを比較

次はガーナチョコレートの箱の上に印刷した紙を載せる。
こうしてみるとよりわかりやすい。確かに似てる。
もしや意識して開発したんじゃないかと(笑)

iPhone5sと比べてみる。
縦に長くなるのがわかりやすい。
iPhone5sとガーナチョコレート箱のサイズを比較

最後にガーナチョコレートの箱の上にiPhone5sを載せてみる。
これぐらいのサイズ感。
横幅よりも縦長なんだと実感。
大きくない手の自分としては、片手で操作するには厳しい長さかな。
これはもう両手で使うしかないな〜

電話メインとして考えるとちょっと大きなサイズだけれど
情報を見るツールとしては魅力的なサイズ。

サイズ以外のiPhone6とiPhone6 Plusの違いは、
Plusの方が画素密度が高くとカメラの手ぶれ補正の方式が良い。
全く同じではないことに注意が必要かも。

買うとしたらSIMフリーのPlusなのかな〜と
こんななんてことをして妄想が広がるiPhone6なのでした。

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*