確定申告準備 今年もe-Taxで申請します 【環境準備編】

昨日が納期の仕事を無事納めてリリースしたのでこの間を利用して確定申告をしておくことにした。

今年もe-Taxで確定申告する予定。去年は住基カードを準備する等の手間が必要だったけど
今年はその手間が無い分楽に終わるんじゃないかと予想。

手元に住基カードとICカードリーダーと税務署から届いた利用者識別番号を準備。
いずれも去年と同じもの。

まずは環境の構築。
去年申告した時のパソコンの環境は再インストールしてしまったので再度必要なものを準備。

■事前準備セットアップのインストール
確定申告作成コーナーから
「作成コーナー事前準備セットアップ」をダウンロードしてインストール。
これにより
・信頼済みサイトの登録及びレジストリ情報の更新
・ ルート証明書のインストール
・署名送信モジュールのインストール
・JPKI 利用者クライアントソフトのインストール
がまとめて行われるので便利。
去年はなかったような気がする・・・一度に済んで今年は楽だね。

■e-Taxソフトのインストール
e-Taxのホームページ ダウンロードコーナーから
「e-Taxソフト(共通プログラム)のインストーラ」をダウンロードしてインストール。
e-Taxのメインソフト。これで申告書類を作成して、電子署名をつけて国税局に提出できるようになる。

■カードリーダードライバーのセットアップ
SHARP 住民基本台帳用 ICカードリーダライタダウンロードから
接触型ICカードリーダライタ RW-4040のドライバをダウンロードしてインストール。
これでカードリーダーが認識されるので住基カードが使えるようになる。

環境はこれで構築できたので次は2008年の経理のチェックだ!

「やよいの青色申告」で入力した経理の仕訳を確認作業。
「やよいの青色申告」を起動して、「仕訳日記帳」画面を開いて「印刷」を行う。
画面でチェックするのはしんどいし、印刷すると控えにもなるし丁度いい。

まとめておいた売上の領収書や銀行の通帳、経費の領収書と照らし合わせて仕訳が合っているか確認。

これで経理の入力はOKになったので次はようやく確定申告のデータの準備へ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*