VAIO type P のBIOS更新とXPモジュール適用

VAIO type Pの夏モデルにXP対応モデルが出たこともあってか
春モデルのVAIO type PもXPにダウングレードできるモジュールが
SONYサイトのサポートで6/1に公開されていた。

もう公開されて1ヶ月ぐらい過ぎて遅くなったけどダウングレード用のモジュールを適用してみた。
手持ちのVAIO type Pは既にXP Pro SP3の状態になっているけどドライバが寄せ集めで対応した状態。

SONYのサポートサイトにはVistaの状態で実行してください・・・と書いてあったけど
一旦リカバリしてからするのも面倒なのでこのままXPの状態で適用できないか試してみた。

サポートサイトからモジュールをダウンロードしようとしたら・・・Firefoxはダメと拒否。
仕方なくIEでアクセスしてダウンロードを実行。

対象のファイルは約580MBとかなり大きなファイルなのでダウンロードするときは注意!

まずはBIOSの更新。
接続している周辺機器を外しておく。
モジュールを解凍して展開された以下のフォルダのセットアップを実行
「\Install\VAIO\XP_Downgrade\VGN-P\BIOS\EP0000182976.exe」
すると下記画面が表示される
VAIO type P BIOS更新確認
当然BIOSは古い状態なのでアップデートを実行
少し待つとアップデートは完了し、再起動がかかった。

VAIO type P BIOS更新成功
再起動後「VAIOの設定」を実行し、「システム情報」を開いてBIOSのバージョンを確認してみると無事「R2060U3」と表示され、適用されていた。

※写真クリックで拡大


意外と簡単にかつ早くBIOSの更新が終わった。

次にXPダウングレードのモジュールに含まれていたセットアップの実行。
必要なものだけを選んで次々にセットアップを実行すればいいのだけれど
セットアップを実行するスクリプトが含まれていたのでこれで一括インストールすることにした。
不要なものは後でアンインストールということで。

LAN接続を切り、セキュリティソフトをオフにした状態で実行した。
「\Install\VAIO\XP_Downgrade\VGN-P\Setup.vbe」
スクリプトで必要なセットアップが自動で実行される模様。

一度途中で再起動があり、再びセットアップが実行される。
数十分後 インストールが完了したとのメッセージが。

こちらもXPのままで上書きインストールで問題はなかった模様。
今のところ正常に動作している。

その後、必要のない「WinDVD」などをアンインストールした。
使わないし、容量圧迫するだけだからね(^^;;

寄せ集めのドライバだったからなのかちょっと不安定な部分があったけど
SONYの正式サポートで一安心となるか・・・!?
しばらくこれで様子を見ようと思う。

僕はXPのままBIOSなど更新が成功したようだけど皆さんが実行される時はくれぐれも自己責任でお願いします < (_ _)>

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*